中南米と南アメリカ文明の焼き物


中南米と南アメリカ文明の焼き物を調べていた時に、マヤ文明の陶芸スタイルについて面白い事に気づかされた。 陶芸発掘調査の結果と出版イメージのマヤ陶器は、もっとスタイルに幅が有る事に驚かされた。 陶器に絵描かれた直線と抽象的なデザインは、ほとんど無視され、優雅な王位の生活絵柄が急がれ出版公開されて来た。 壺に人物、動物が描かれなかった陶器は無視されてきたが、非寓意的装飾(外的現実または自然の物を表さない) 絵画・デザイン陶器が制作率は実に半分以上の数をしめていた。

古典期マヤ大都市ティカルの大様達の埋葬された陶器に描かれた絵の多くが凝った王位の光景よりも、 多色彩で洗練された絵・デザイン陶器だった。 陶器に描かれた絵が彫刻や建築と繋がっている事も当然であり素晴らしさに時を超える。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中